クロマジャパン株式会社 Chroma ATE Inc.

交流電源
交流電源

双方向回生型交流電源グリッドシミュレータ Model 61800 series

CE Mark
特長:
  • モデル61830:30kVA
  • モデル61845:45kVA
  • モデル61860:60kVA
  • 電圧レンジ:0-300V
  • 周波数レンジ:DC、30Hz-100Hz
  • 出力定格電流の100%の電力を回生
  • パワーコンディショナやスマートグリッド、電気自動車関連のアプリケーションに最適
  • 単相/三相出力切替機能
  • 電圧と周波数のスルーレート可変
  • 電圧と電流のリミット可変
  • 三相不平衡試験
  • 瞬断、瞬低、電源電圧変動試験(PLD)
  • 高調波重畳波形
  • インターハーモニック
  • アナログ制御インターフェイス
  • GPIB、RS-232、USB、Ethernet、インターフェイス標準装備
  • 並列運転による増設、最大300kVA
※詳細仕様は当ページ内「カタログ」タブよりご覧ください。

61830(30kVA)~61860(60kVA)


現在、再生可能エネルギー源としてのPVインバータ、風力発電システムなどに関する市場への需要が成長しています。そしてその需要はオングリッド製品のようなIEEE 1547 / IEC 61000-3-15 / IEC 62116等の各種標準規格や適正かつ安全な検証試験を必要としております。クロマが新しく販売した61800シリーズは4象限を用いた双方向回生型交流電源です。製品開発のみならず、品質保証や生産まで幅広いニーズにお応えします。61800はフル4象限の回生式を採用しておりますので、家電製品や産業用電子機器など、一般的な電気製品の試験用に設計したプログラマブルなAC電源です。さらにパワーコンディショナ(PV Inverter)、インバータ給電、UPSなどのグリッドの特性をシミュレートすることが可能なように設計しました。被測定物(以下UUT)からのシンクとソースや両方異なるアプリケーションをサポートすることができます。この場合、UUTのソース電流検出回路は余剰電力を感知し、グリッドに再利用(回生)されます。

回收式電網模擬電源-主要功能及應用

 

全四象限、能源回收功能   
   電流出力波形       電流リチャージ波形

61800はスマートグリッド(分散式電源)や電気自動車関連の試験に適しております(例:電気自動車のグリッドテスト(V2G)、エネルギー貯蔵システムテスト(ESS))。61800は製品の研究開発段階に適応できるだけではなく、製品の品質保証と生産段階の出荷試験にも応用可能です。

61800はフルデジタル制御技術を用い、最大相電圧300V及び30Hzから100Hz周波数の出力範囲のもとに電力供給が可能です。交流電圧の出力だけでなくAC+DC出力モードで適用アプリケーションを用いて、直流バイアス成分の試験が可能です。さらに、電流実効値の3倍(ピーク電流)出力できますので、UUTの入力突入電流テストに適用できます。

61800は定電圧と定周波数の安定化電源だけではなく、多彩な編集機能(STEP/PULSE/LIST)を装備し、電源・電圧シミュレーションを求める試験に適用することが可能です。STEPとPULSEモードは、一定あるいは連続的な電圧変動試験を可能とし、周期的な電力変動、瞬間停電といったシミュレーション試験に用いられます。LISTモードでは最大100シーケンスの設定が可能で、複雑な試験波形の編集が可能です。波形はAC/DC/AC+DCを組み合わせることができます、61800はこれらのモード以外にIEC 61000-4-11/-4-13/ -4-14/ -4-28のイミュニティ試験の予備試験が可能です。

提供強大編輯功能模式(STEP/PULSE/LIST)

SYNTHESIS(合成)機能は50Hzまたは60Hzの基本周波数において最大40次の高調波成分の組み合わせ、高調波電圧波形を生成できます。またINTERHAR機能は50Hzまたは60Hzの基本周波数に0.01Hzから最大2400Hzまでの周波数を重畳させ、実行できます。61800はフロントパネルに大型のLCDモニターを採用し、視認性を確保しております。通信ポートはGPIB、RS-232、USB、イーサネット、TTL等の各種インターフェースを標準装備しており、Labview用ドライバも準備しております。

諧波波形

マイクログリッド試験

61800はマイクログリッド試験に要求される電圧歪みと周波数変動などの様々な試験条件を可能としております。注目すべき点は61800の回生機能はマイクログリッド上にディスクリートジェネレータ(DG)によって発生した電力をシンクすることができ、電力網に電力を供給(回生)することが可能です。よって、61800はマイクログリッドのUUTに電力を供給する際、ダミーロードを設置する必要はありません。

微電網測試

グリッド規格試験

61800はIEEE1547 / IEC61000-3-15/IEC62116規格試験において、以下の試験を行うことができます。

  • 電圧異常試験
  • 周波数異常試験
  • 単独運転防止試験
  • LVRT(FRT)試験
  • イミュニティ試験 (IEC 61000-4-11/-4-34) ※予備試験
  • リミットテスト(IEC 61000-3-2/-3-3) ※予備試験

効果的な省エネソリューション

ダミーロードを用いた場合、運転中に放出されたエネルギーは熱に変換しますが、61800の電力回生機能はエネルギーをグリッドにフィードバックことで省エネ設計に適応しております。

節省能源

 

LVRT(FRT)試験

パワコンのLVRT機能は、グリッド上で発生した異常電圧降下を定義しております。61800はLVRT試験要求を満たしており、LISTモードを使用し、過渡試験条件に必要な最小設定時間0.1msをプログラム作成することが可能です。

また、グリッド線電圧の歪みによるパワコンの性能試験は高調波合成機能を使用して評価するBDEW規格も可能です。 

単独運転防止試験

61800は、自動試験装置 ATS8000とRLC実負荷 A800067と組み合わせて使用することが可能で、IEEE 1547/ IEC 62116規格の単独運転防止試験に対応しています。

反孤島效應測試 (Anti-islanding Test)

 

ファンクションジェネレータを組み合わせた任意波形の再現

61800は外部からファンクションジェネレータの出力波形を入力させることができます。この機能はRTDSと組み合わせることで、HIL (Hardware In Loop)シミュレーションや異常電源波形の生成が可能です。。

61800 series 双方向回生型交流電源グリッドシミュレータアプリケーションとの組み合わせ

Chroma 61800 series 大功率應用