クロマジャパン株式会社 Chroma ATE Inc.

2019
2019
「Driving Innovation!」 CEO黄 欽明のインタビューがForbes誌に掲載されました
2019/07/31

フォーブスアジアの最新号(2019年7月)の業界記事「Taiwan: a Bright Futre(台湾:明るい未来)」では、台湾が北アジア、東南アジアの間をつなぐ国として戦略的に位置付けられていると述べています。これは台湾が国際的な商業力を持ち、技術革新のハブになっていることを示しています。

台湾は大陸規模では小さいかもしれませんが、国際的なビジネスバイタリティは大国に引けを取りません。ICTと半導体産業が台湾の奇跡を生み出した後、クリーンエネルギー、バイオテクノロジー、AI/IoTにおいてもかなり高い技術的地位を獲得し、現在は5G開発市場へと積極的にシフトしています。過去40年間にわたり、半導体・ICはムーアの法則に従い、トランジスタ密度と電子部品の精度を継続的に発展させてきました。Chroma ATE Inc.は様々な技術的なボトルネックを打ち破り、測定機器市場で確固たる地位を獲得しました。クロマグループの会長兼CEOである黄 欽明(Leo Huang)は、台湾に関するこの特別なトピックについてForbes Asia誌からインタビューを受けたことを大変光栄に思っています。

"Driving innovation to ensure market leadership"

(マーケットリーダーであり続けるため、イノベーションを推進していく)

Chroma CEO Leo

Chroma ATE Inc.は台湾で設立され、テストと自動化ターンキーソリューションを提供しています。台湾の技術的および経済的成長に伴い、ICT業界やクリーンテクノロジーから最近のAI/IoTにいたるまで、クロマは精密測定機器の開発を続け、電子工学の医者として、顧客の製品のパフォーマンスと品質を守り続けました。

クロマは技術産業に対して精度、信頼性、独自性のある製品を保証するために研究開発に多大な投資を続けており、長年にわたって100以上のコアテクノロジーを生み出し、世界中で約900の特許を取得しています。Leo Huang氏は次のように説明します。「私たちの目的は、お客様の頭痛の種を解決する価値を生み出し、長期的なパートナーシップに対する信頼を獲得することです。」

半導体・ICは急速に増加しているため、クロマはこの急速に変化する世界の革新にどのように対応しているのでしょうか。グローバル企業は、さらに高度な技術とデザインを追求し続けています。クロマはいくつかの世界トップクラスの大学と協力して、新進気鋭の世代の最も明るくて最高の頭脳に手を差し伸べることで彼らと繋がっています。

クロマは今年初めにCamtek Ltd.(NASDAQ:CAMT)の株式の20%を取得しました。 「AOI(自動光学検査)システムの作り方を知っていました」とHuang氏は明らかにしました。「しかし、私たちはそれが得意ではなかったので、得意な人々に投資を行いました。」

このイスラエルの会社への戦略的投資と共同アライアンスにより、クロマはAOIテストソリューションで画期的なテクノロジーを開発することができます。「私たちは常にこのような相乗効果のあるパートナーシップに関心を持っています。」市場でのリーダーシップを確保する唯一の方法は、イノベーションを推進し続けることなのです。

インタビュー全文を読む:

https://www.forbes.com/custom/2019/07/15/taiwan-a-bright-future#chroma-ate-driving-innovation