クロマジャパン株式会社 Chroma ATE Inc.

2019
2019
モニタ・ディスプレイ業界に向けたMicro LEDテスト&自動化ソリューション
2019/08/27

(※こちらのリリースは台湾ディスプレイ/モニタ展示会に向けた記事です)

Micro/Mini LED自動光学検査システム

Micro LEDは、ディスプレイ技術「次世代の王様」と目されており、その技術開発の前哨戦として、比較的成熟したMini LEDでは製造・技術開発競争が始まっています。クロマはディスプレイエンジニアに向けて色度、輝度、均一性、デッドピクセルなどのMicro LEDおよびMini LEDバックライトモジュールをリアルタイムで測定するMicro/Mini LED自動光学検査システムを紹介します。

8Kビデオ信号テストソリューション

2019年、映像業界は正式に8K時代に入りました。多くのテレビメーカーが8K製品を発売していますが、当然製品品質を保証するために8Kに対応した試験が必要です。クロマはパネルおよびディスプレイデバイス業界向けのUHD解像度テストソリューションを8Kの黎明期より提供しています。クロマ 2918 FPDテスタと2238 ビデオパターンジェネレータは、本体+モジュール設計を特長としており、試験に必要なインターフェースを適宜追加することができます。eDP 8.1G(HBR3)とHDMI 2.1など、さまざまななビデオインターフェイスをサポートしているのでビデオ信号をテストするための適したソリューションを提供します。

TV自動検査ソリューション

2020年東京オリンピック開催を契機とした4K/8Kテレビの普及により、テレビ市場での品質・価格競争はますます激化すると予想されます。さらに、生産国の賃金上昇と労働力不足により、マニュアルテストを自動テストに置き換えることはあらゆる種類のメーカーにとって重要な課題となっています。この目的を達成するために、クロマはすべてのTV入力および出力ポートに対応するTV自動検査ソリューションを提供し、画面、サウンド、機能、ホワイトバランス、耐圧および電力消費テストの自動化を強力に推進します。これらの自動化された完全なテストソリューションは、効率的で費用効果の高いTV生産ラインを構築することにつながります。

多機能光学測定システム

デバイスに対する測定は従来様々な道具と機器を使用して、ランダム性の高い検査を手動で行っていました。今までの方法では一般的にデータ収集に時間がかかり、複雑であり、自動化された高い生産能力へのニーズがありながら、対応することができていませんでした。クロマはスマートフォンの金属ケース、バッテリー、カバーガラス、ディスプレイなど、光学計測による高速自動検査用に設計された革新的な7505-05 多機能光学測定システムを提供しています。このシステムは2Dと3Dの高速光学測定を組み合わせ、リアルタイムにモニタリングし、良品/不良品判定を自動化することによって歩留まりを大きく改善し、生産コストを削減することができます。

システムインテグレーション/生産ライン自動化ソリューション

テストの自動化とインダストリー4.0の波はとどまることを知りません。クロマはこの時代の要請に応える形で個々のニーズに合わせた自動化された生産ラインと人間とコンピュータのうまく組み合わせたシステムインテグレーションソリューションを提供しています。テストデータ自動アップロード/ダウンロードおよびAIデータ分析、プロセス制御を組み合わせたテストデータ総合評価により、潜在的な問題の早期発見を可能にするだけではなく、生産プロセスの効率化と競争力の向上を実現させることができます。